読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家電量販店にてラジオを物色する

休日は終日ラジオを聴いている。Radikoとかではスマホのバッテリーが持たないので、ポータブルラジオを利用している。

今日、電池が切れたタイミングでラジオがいかれてしまったらしい。

プリセットが消え、さらにはプリセットが設定できなくなり、バンドの切り替えボタンはかなり強く押さないと反応しない。

チューニングがデジタルのラジオだが、5年以上使えたので、まあ持った方だとは思う。

でも、こんなに一気に老朽化が顕在化するものかね、とも思う。


プリセットが設定できないとは言っても、手動でチューニングができなくなったわけではなく、選局がめんどくさくなったというだけで、使えないことはない。

でも、めんどくさくはなっているので、通りがかりの家電量販店を何店か周り、ラジオを物色して見る。

それで思ったのは、悲しいかな、ラジオはもうメインストリームのメディアではないんだな、ということ。

手頃な商品もないし、品数も少ない。

ヨドバシとか行けばもうちょっとラインナップもあるのかもしれないが、一般的にあまりラジオは売れていないんだろうな、という気がした。


いっそのこと、iPod nanoとかどうか、とも思ったが、自分はNHK第一とかも聞くし、Apple Musicに対応していない、とのことで、選択肢から外れる。

まあ、聞けなくなるまでは、このラジオでいいかという気にはなってる。