読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤飯

出勤のためのルートが大きく分けて2つある。北ルートと南ルート。全く面白みのないネーミングだが、そういうことになる。気まぐれが起きない限りは1日置きにルートが変わる。

南ルートは仕出し料理屋のそばを通るのだが、いつももち米を蒸す甘い良い香りがする。おそらく赤飯をこしらえてる。このもち米の香りを嗅ぐために南ルートを回っていると言っても過言ではない。

それぐらい赤飯が好きではあるし、おにぎりとかコンビニで買って食べれば良いとは思うが、アニバーサリー的なことがないときに赤飯を食べることに後ろめたさを感じる。

実家に住んでいた時は、結婚式とかの引き出物でもらうものであり、あるいはでかいせいろで蒸してこさえるものであって、気軽に食べられるものではなかった。赤飯に対してはありがたみとともにある。その刷り込みが今もある。

なので今日も香りだけで我慢し、自分はパンを食べる。

広告を非表示にする