読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレミアム・フライデーで思い出したこと

以前勤めていた会社は、連日0時まで残業しないと業務が回らなかった。それでも土日はきっちり休めたんで、まあいいか、ぐらいに思っていた。

そんな日々の中、ある日突然、この世のありとあらゆる全てに対して怒りが収まらなくなり、ムカムカムカムカムカムカしながら仕事をどうにかこなしていたが、あ、ダメだ、このままだと発狂しそうだ、と思って、その日は全ての仕事をなげうち、上司の引き止めもぶっちぎって定時で帰った。発狂しそうなぐらい怒りを覚えているのに、定時までちゃんと働くあたり完全にどうかしてたと思う。

ただ、帰ったまでは良かったが、突然に空いた時間をどうしたら良いのかわからない。途方にくれながら街をブラブラしていたときに、当時上野にあった映画館が「A.I.」を上映していて、キューブリックの作品が好きな自分は、もうこれしかないと思って観ることにした。

見た人ならわかると思うが、2時間半後、ひたすらうつむく自分がいた。

今日はプレミアムフライデーの初日だったが、軽い気持ちで早く帰っても碌なことはない、という言葉を送ろうと思う。