読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パン屋にて

月〜木の朝はウォーキングのために適当に遠回りをして出勤するのだが、金曜の朝だけはなんとなくルーティンが決まっている。

ちょっと高めだが、美味しいモーニングを出す喫茶店があって、週に一度の贅沢でそこに行く。そしてブリリアントな朝のひとときを過ごした後に、近くにあるこれまた美味しいパン屋でランチ用のパンを買って出勤する。それが自分の金曜日である。


ほぼ1ヶ月前にそのパン屋に新人の売り子さんが入った。化粧の濃いおばちゃんではあるが、愛想は悪くない。

でも致命的なことに、商品の値段を全然覚えられない。

パンを乗せたトレーを持って行くと、そのおばちゃんはレジの脇のイラスト入りのアンチョコをいちいち確認しながらレジを打つ。そのため、会計をすませるのにえらく時間がかかる。

そのおばちゃんが働き出して、3週目に入っても状況は変わらず、ついに今週はそのおばちゃんはいなくなり、入り口にパート募集の張り紙が貼られていた。

まあ当然だ、と思う一方で、物悲しい気分にもなった。興味も覚悟もない仕事ってそうなるよなと思った。

しかし、いい歳して自分のやることに興味を持つ努力も、割り切る覚悟もなく仕事をし、それでクビになっても同情の余地はない。

自戒を込めて、このことを記録しておこうと思った。

広告を非表示にする