読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カロリーメイトを買う

正月休みが終わり、底抜けにかったるい気持ちで会社に向かう。かったるいのは休み明けだけが理由ではなく、歯医者の予約が入っているせいもある。

昼休みに歯医者に行くようにしているため、ランチをとる時間がない。また、治療の後は飲食がしばらくできなくなるので、歯医者の日はいつも昼抜きで、夕方の喫煙休憩の時間にさっと取れるカロリーメイトで済ますことになる。

朝、コンビニに寄り、カロリーメイトの棚を物色する。現在カロリーメイトはチーズ、フルーツ、チョコレート、メープル、プレーンの5タイプがあり、何を食べるかなぁ、今日はメープルな気分かなぁ、いやチョコレートも捨てがたいぞ〜、などとかなり無理矢理な心持ちで迷ってみるぐらいしか楽しみがない。

歯医者に通いだしてから、プレーン以外の味は順に食してきたので、ローテーション的にはプレーンになるが、あのモサッとした食感でさらに味がプレーンというのはかなり印象が悪い。そもそもプレーンってなんだよ、という思いを捨てきれず、カロリーメイトの素材をそのままお届け、というのが正直想像もつかない。カロリーメイトは大豆からできている気がしたので、大豆そのままの味なのだろうか? 果たしてそれが美味しいのだろうか? という疑念が捨てきれない。

ここは安定のチョコレートではないのか、いや、フルーツの病みつきになる苦味も捨てがたい、など、散々迷った挙句に、その時は悩みを先送りすることにし、どうせまたいつか歯医者に行くのだからと、安定のチョコと冒険のプレーンを両方買って、休憩時の自分に選択を託すことにする。

歯の治療が終わり、夕方の休憩の時間が訪れた時、机に引き出しに並ぶチョコレートとプレーンのカロリーメイトを見つめる自分がいる。ちょっと逡巡の後、プレーンの箱を掴んで、ベランダへと向かう。

今ここで、プレーンを食しておけば、次回はチョコレートが確定するし、ローテーション的にもコンプリートという意味合いでも収まりが良い、というのが理由だ。

そして食したプレーンのカロリーメイトは素朴な味で、粒度の大きいカリッとしたサムシングが入っていて、味も食感も全然悪くない。というか美味しい。

カロリーメイトはどの味も美味しい、というのが最終的な結論になる。