読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファイアーエムブレム ヒーローズ問題

気がつくとファイアーエムブレム ヒーローズをやっている。

朝起きて、シャワーを浴びて、ファイアーエムブレム。出勤し、始業するまで、ファイアーエムブレム。昼休み、昼食とって、ファイアーエムブレム。帰宅して、夕飯食べてファイアーエムブレム。入浴後、一息ついて、ファイアーエムブレム。と、自由時間はファイアーエムブレムをやる始末。

スタミナの回復や、PvPの対戦権を回復するアイテムが頻繁に入手できるので、無課金でも割と際限なくプレイができる。さらにはガチャを回すためのオーブも今の所大盤振る舞いで、やるモチベーションが高止まりになってる。

おかげでゼルダのBoWがやれない日すらある始末で、どうなってんだ任天堂、といった感じです。

有給の日、夕日に咽び泣く

病院での検査のために有給を取ったが、検査はあっさりと終わる。どれぐらいあっさりかというと、遅刻しないで会社に出勤できる程度。さりとて、もはや会社に行く気にもなれず、かといってやることも特になく、千葉の某ショッピングモールで暇を潰す。

昼になり、飯でも食おうとレストランフロアに行くと、どの店も待ちの行列ができている。見てからにガキばっかりで、今の時期、春休みだということに気づき、落胆する。

適当な店で行列に並び、席に通されるのを待つ間、あの親たちは、俺と大体同じぐらいの年なんだろうな、と思う。

ランチをとり、さらに暇を潰して、夕方ぐらいに家路を辿る。

今日は綺麗に夕焼けが出ている。横断歩道で、信号が変わるのを待つ。向こうの歩道に、子供を後ろに乗せた自転車が止まっている。カゴには大きなビニール袋が積んである。すぐ近くにスーパーがあり、同じようなママチャリが整然と並んでいる。これから買い物に行く人もいれば、買い物が終わり、荷物を積んでいる人もいる。

そこで、・・・俺、何やってるんだろう・・・、と思う。結局のところ、自分には持つことができなかった家族が目の前にたくさんいる。自分と同い年ぐらいの人たちが、子供に対する責任を背負いながら、それぞれの生活を営んでいる。そして自分は一人気ままに生きれるのをいいことに、会社をサボって暇を潰している。

あり得た可能性、選ばなかった選択肢、手に入れられるはずのないものに、勝手に喪失感を覚える。

そして目頭が熱くなる。

Appleの新製品について

Apple Storeのメンテが終わり、新商品がラインナップされている。

www.apple.com

かっこいいとは思うが、なぜ今のタイミングで新色が出たのかが気になる。

www.apple.com

Nike+のストラップが単品で買えるようになってる。シャイな自分は「ブラック/クールグレイ」のNike+を買ったが、今となっては「ブラック/ボルト」でも全然いける気がする。

www.apple.com

これは要検討。

www.apple.com

プライス的にちょっとびっくりしたし、魅力的ではあるが、今あるiPad miniがまだ全然使えてるんで、まあ必要ない。

伊勢の徒然

ラジオが好きなんで、伊勢でももちろん聞く。伊勢は名古屋圏内で、CBCラジオやら東海ラジオが聞ける。ただ正直いって、北野誠やら、井上トシユキやら、大谷ノブ彦やら、パーソナリティーの人選に都落ち感があるのが否めない。

そんな中、以前ポッドキャストで聞いていた、かにタク言ったもん勝ちが不意に流れてきて、ああ! と声が出た。


ミタス伊勢のバローにて、セルフレジで飲み物を購入する。我が人生においてセルフレジを使うのはこれが初めてだが、なんで伊勢で・・・、と思ってしまう。

思った以上に簡単で便利なので、これはうちの近くのスーパーでも早急に導入してほしい。


どこのスーパーを巡っても、団子やら赤飯の素がフィーチャーされていて、なんでこんな抹香臭いものが・・・、と思ってしまう。

f:id:zz2zz:20170320225648j:plain

単純にお彼岸のせい。


ホテルの朝食バイキングにバッキバキの和服の女が現れる。着付けとか完璧なんだろうが、こういうのもTPOがあってないってことなんだろうと思う。


読み返してみると、全体的に自分は伊勢をナメている。大変申し訳ございません。

広告を非表示にする

伊勢からの帰還

行きの深夜バスよりは眠ることができたが、今度は腰が痛い。休憩のたびにバスから降りて腰を伸ばす。その度にバスの運転手に「トイレはあちらです」と声をかけられる。いや、立ちたかっただけなんです、というべきなんだろうが、話すのがめんどくさかったのでトイレに行く。

そんなこんなで新宿に到着し、電車に乗る。割と人は多めだったが、難なく座れて、ファイアーエムブレムをやりながら、家まで帰宅する。お土産やら着替えやら、荷物を片付けた後、ようやく風呂に入る。昨日の朝以来の風呂で、体が温まってきたところで寝落ちする。

目覚めると、お湯はぬるくなっている。時間を確認すると、2時間近く寝ている。バスではわりと眠れたし、電車の中でもゲームをやる余裕さえあったのに、体が温まった途端にこれである。

なんなら、友人に会って旅の話をしようと思っていたが、布団でガッツリ寝ることにする。

起きたら17時過ぎで、久しぶりに消失した休日になる。

広告を非表示にする

伊勢にて暇をつぶす

ホテルのチェックアウトが10時で、帰りの深夜バスの出発が21時。この時間をどうやって潰すのか、ずっと懸案であった。しかし、なんとなく何も考えないまま、ノープランで、今日という日を迎える。

チェックアウトの時間まで、取り合えず地図を見る。市内やら、伊勢神宮の近辺などを調べるが、特に行きたいところが見つからない。どうしたもんかといろいろスクロールしているうちに、意外と海が近いことに気づく。徒歩で1時間半ぐらい。これは悪くないと思い、とりあえず海を目指すことにする。

ホテルを出て、海に向かう道中、ぎゅーとらだの、バローだの、おそらく中京圏だけのスーパーやら、どこにでもあるイオンとかのスーパーがある。どのスーパーもやたらでかい。三重県ならではのものがみたくて、見かけるたびに立ち寄ってみる。大体の品揃えは関東のスーパーマーケットと大差ないが、やはり細かい部分で違いを感じる。

一番感心したのは、伊勢うどんのコーナーがどのスーパーにもある、というところ。観光用の食べ物ではなくて、本当に普段から食べられているんだ、と思った。

f:id:zz2zz:20170323222336j:plain

そんな寄り道をしながら、13時ぐらいに海に到着したが、感動もさしたるトピックも何もない。ただ到着した達成感だけに満たされる。

f:id:zz2zz:20170319193429j:plain

そのあとは、本当にやることがなく、スーパーに再度寄ったり、商店街を散策したり、コンビニで立ち読みしたり、お土産を買ったりしていたが、最終的に公園のベンチでファイアーエムブレムをやっていた。

f:id:zz2zz:20170323223111j:plain

伊勢のグルメ

深夜バスでは全く寝られなかったが、旅のテンションだろうか、全く眠くならずに外宮・内宮を詣でることができる。

昼ぐらいには詣で終わり、念願だった赤福も食すことが出来たが、まあこんなものだろうな、と思った。当たり前のことだが、あんこともちの組み合わせだとこうなる、以上のものが何もない。

というか、伊勢うどんとか、牛丼とか、団子とか、おかげ横丁のめぼしいグルメを食してみたが、真っ黒だったりパンチのある見た目のわりに一味足りなく感じる。

ただ、店員が関西の訛りで、それはものすごく旅情を感じられてよかった。

f:id:zz2zz:20170320222123j:plain

結局、その日一番良かったグルメは、ホテル近くのスーパーマーケットで買った、77円で買えるでかい鶏天であった。

広告を非表示にする